血圧は様々な病気に影響すると言われていますが、具体的にどのように悪影響を齎すのでしょうか見ていきましょう。

高血圧を予防するために意識していること
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
高血圧を予防するために意識していること

血圧が影響する病気とは

血圧は正常値よりも低い場合には低血圧症となり、正常値よりも高い場合には高血圧症となります。この基準は正常値が上は120から129までで、下が80から84までとなっています。低血圧は上が100以下で、下が60以下の場合になります。高血圧は上が140以上で、下が90以上となると高血圧症となります。

では高血圧や低血圧は何がいけないのでしょうか見ていきましょう。まず高血圧になると、血管壁に掛かる圧力が強くなりますので、血管がもろくなってしまい、破れやすくなってしまいます。また血圧が高くなる原因は高コレステロールなどによるものですので、簡単に言ってしまえば血液がドロドロになっているという事になります。そうなると血液が流れる際にも、サラサラの状態よりも、血管壁にかかる負担が強くなりますし、そのコレステロールが固まってしまうこともありますので、脳梗塞や心筋梗塞といった病気を併発する恐れがあります。

高血圧になると様々な病気のリスクが高まることは有名ですが、低血圧になると、どのような症状が現れるのでしょうか見ていきましょう。低血圧は高血圧のように命にかかわることはありませんが、それでも日常生活に支障をきたす症状が現れ、例えばめまいや立ちくらみ、頭痛といった症状が現れます。血圧は食生活や運動などの生活習慣によって変わってきますので、規則正しい生活を送るようにいたしましょう。

イチオシサイト

Copyright 2017 高血圧を予防するために意識していること All Rights Reserved.