高血圧の診断を受けてから毎月、薬を飲んでいます。血圧を下げるためには、塩分をひかえるように工夫をしています。

高血圧を予防するために意識していること
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
高血圧を予防するために意識していること

血圧を下げるために塩分をひかえる工夫をしています

私は、毎日、起きてすぐ血圧を測ります。朝は、早く目がさめるので、夏の間は、5時ごろに測ります。段々、寒くなると、5時は、まだ暗いので、明るくなった6時ごろになります。真冬には、寒いので、7時ごろと、測る時間は、変わりますが、起きてすぐに測っています。夏の間は、10前後の数値の変動はありますが、上が140から130、下が80から90で安定しています。高血圧症と診断されてから、もう10年になります。それで、月に一回、診察を受けて薬を処方してもらっています。夏の間は、病院での診断も「血圧も安定していていいでしょう。」ということでした。

寒くなって、来たこの頃は、起きるのも遅くなりましたが、血圧の方も上がりだしてきました。上が150から、160になったりします。下は、80から90とあまり変わらないのですが、上が高くなってきました。病院では、「塩分をひかえて、体重を減らしなさい。」と言われています。それで、最近では、なるべく、塩分をひかえるようにしています。味噌汁は、だしを濃い眼にして、味噌の量を減らしています。おかず類は、辛味を加えたり、酢を加えたり工夫しています。その他に、カリュームを含むという果物も採るようにしています。でも、摂り過ぎると太るということがありますから、一日にとる量は、バナナと林檎一個ずつです。それぞれ半分にして、デザートにしています。

イチオシサイト

Copyright 2017 高血圧を予防するために意識していること All Rights Reserved.