高血圧を改善するために食事療法がすすめられます。血圧を上げている塩分の摂取量を減らす必要があります。

高血圧を予防するために意識していること
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
高血圧を予防するために意識していること

高血圧の食事療法で必要なこと

普段から血圧が高い方は医師から改善するように指導されるでしょう。高血圧は血管に負担を掛けているため、心臓疾患や脳血管疾患を発病するリスクが高いのです。高血圧になる原因は遺伝的要素もありますが、多くは塩分の摂り過ぎやストレス、肥満、喫煙などが考えられます。特に塩分を摂り過ぎてしまうという方は、皆で食事をしても一人だけしょう油を足したり塩を振りかけたりすることがありますね。塩分を過剰に摂取すると、ナトリウムが血液中に溜まってしまいます。ナトリウム濃度が高くなると水分を使って調整しようとするのです。これが血圧の上昇を招きます。高血圧を改善するなら、食事の見直しが必要です。

医師からは食事療法がすすめられます。食事から摂取する塩分を控えなければなりません。平均的な塩分摂取量は1日13グラムとされています。しかし高血圧になると半分以下まで減らすことになります。つまり、今までの食事の半分の味付けになるというイメージです。考えただけでも辛くなってしまうという方もいらっしゃるでしょう。初めのうちは味気ない食事を我慢して食べることになりますが、続けているうちに慣れてくるものです。塩分はしょう油などの調味料だけでなく、他の食品にも含まれているので気を付けましょう。

イチオシサイト

Copyright 2017 高血圧を予防するために意識していること All Rights Reserved.