高血圧予防には運動や食事を普段から気を付けることで予防することができ、その他の病気予防にもなります。

高血圧を予防するために意識していること
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
高血圧を予防するために意識していること

高血圧予防には運動や食事が大切

高血圧の原因に塩分が関係しています。塩分によって血圧が上昇する理由に水分摂取が理由として挙げられます。塩分を多く摂取することにより、体は塩分濃度を一定に保とうと水分補給を要求します。そのため、塩分を多く摂取すると喉が渇き水分を多く摂取します。体内の水分量が増え、その余分な水分が血管を押し上げるため血圧が上昇してしまいます。しかし、高血圧の人が多くの塩分を摂取しているというわけではありません。塩分を多く摂取していないのに高血圧という方は、血管が収縮してしまっていることが考えられます。

血管が収縮している状態では血圧が高くなってしまいます。この血管が収縮する理由にタバコやストレスなどが関係している場合があります。タバコやストレスは血管を収縮する要因になるものです。普段からタバコを多く吸う人やストレスを受け続けている方は、血管が収縮し続けています。この収縮した血管を広げるのに最適なのが運動です。運動することにより血管を広げる作用が働き、収縮した血管を広げることができ血圧も低下します。また、適度な運動はストレス解消にもなります。毎日適度な塩分の食事や適度な運動を続けることで高血圧予防につながります。

イチオシサイト

Copyright 2017 高血圧を予防するために意識していること All Rights Reserved.