血圧を測るときにはカフと心臓の位置を同じにすると言われます。高くしたり低くすると条件が変わるからです。

高血圧を予防するために意識していること
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
高血圧を予防するために意識していること

血圧を測るときにカフと心臓の位置を同じにする理由

家電製品を購入すると使い方について記載されています。このようにしてくださいとある場合、その理由もきちんと書かれていることがあります。その場合は納得して使うことができます。でも理由がはっきり書かれていないこともあります。とりあえず何も言わずにこのようにしてくださいとあります。それをきちんと読んでいる人はするのでしょうが、しない人も出てくるかもしれません。なぜこのようにするかがわかれば、納得できると思います。

血圧を測るときの姿勢として、カフと心臓の位置を同じにすると言われています。もし高い所にカフの位置を上げるとその分圧力が上がります。血液を押し上げないといけないからです。逆に下にすると力が必要ないので下がります。なぜ病院でも色々なメーカーでも同じようなことを言っているかといえば、どんな機械で測っても同じような基準にするためです。自宅では心臓の下、病院では同じ、職場では上などだと統一性がなくなってしまいます。

毎日の変化を1台で行うなら、同じ姿勢を取り続けられるなら必ずしも心臓の下でもいいのでしょう。でも一般的に言われる基準などは使うことができません。それらは心臓と同じ位置で測ることを前提にしているからです。

イチオシサイト

Copyright 2017 高血圧を予防するために意識していること All Rights Reserved.